蜂の駆除業者

ドロバチの巣の特徴

ドロバチという名前は、ドロバチ科という科名の総称です。
ドロバチは、土や泥を材料にして巣を作る特徴があり日本全国に生息しているので見たことがあるのではないでしょうか!?ドロバチは、一般的な蜂に比べておとなしいので比較的安全と言われています。しかし、オオスズメバチと巣の外観がよく似ているので蜂に関する知識が少ない方ですと見分けにくいと言われています。
主に土や泥が巣の材料で壺のような形状をしているのが特徴です。生息している地域によって材料となる泥や土の性質が異なるので、巣ができる地域の寄って巣の色や質感などがそれぞれ異なっています。また、住宅の壁や軒下だけでなく木に空いた穴などにも巣を作ったりします。

参考画像

ドロバチの種類について

ドロバチにも複数の種類が日本に生息しています。ドロバチの主な種類として以下の種類が知られています。

●エントツドロバチ
大きいもので30mm程度あるエントツドロバチは、その他のドロバチと同じく攻撃してくる確率が低い。また、名前のとおり煙突のような巣を作るのが特徴です。
●オオフタオビドロバチ
最大でも体長が20mm程度で竹の内部に巣を作るのが特徴のハチです。
●サイジョウハムシドロバチ
60~80mm程度の体長のサイジョウハムシドロバチは、茅を材料とした木造の建物の柱などに巣を作るとされています。

その他、ヤマトフタスジスズバチ、キアシトックリバチ、スズメバチ、スズバチなどがドロバチの仲間となっています。

ドロバチの巣の作り方

ドロバチは比較的おとなしく益虫でき安全であるため、積極的な巣の駆除は必要ないとされています。ドロバチは7?9月頃に巣を作ります。青虫を捕獲して巣の中に入れます。その後、産卵して卵が孵化すると青虫は幼虫の餌となります。親バチが食料となる青虫を巣に入れたら巣の穴を塞ぎます。その後、親バチは巣に戻ることがありません。巣に残された幼虫は、エサの青虫を餌として食べ巣の中で成長します。翌年の春にサナギになり羽化をして巣から飛び立ち巣離れします。

駆除について

攻撃してくる可能性がないので駆除する必要がないのが現実です。ケムシなどを捕食していることも鑑みると、どしても巣を駆除する必要がある時以外は、そのままにしておいても大丈夫です。


当社では、電話相談も承っております。害虫の被害でお困りの時には、ご気軽にお問い合わせ下さい。


蜂の駆除総合サポート受付